ブログ > カテゴリーアーカイブ '医療費控除 レーシック'

医療費控除 レーシック

「医療費控除 レーシック」
確定申告の時に、医療費控除を申請し、払い過ぎた税金を税務署から返してもらうことを還付金といいます。
まず医療費控除というのは、1月から12月までの1年間に
☆本人、または家族が支払った医療費が10万円
☆総所得が200万円で医療費が総所得5%を超えた時
のどちらかに当てはまり、この超えた分の医療費を確定申告すれば、還付金としてお金が戻ってきます。
レーシック手術は10万以上かかるので、この医療控除を受けることがせきます。さらには手術代以外でも、薬の代金や手術前後の診療費などもこの控除を受けることができます。なので、領収書を必ずとっておきましょう。これは家族の医療費も含まれますので、家族分もとっておきましょう。
しかし医療費控除は年末調整では処理されないので手術翌年の2月16日から3月15日まで市役所に行って自分で確定申告しましょう。
さらに国税庁からはレーシックの手術が医療費の控除にならないと記載されているのですが、各地域の税務署によってはレーシックが控除対象と認められるところもあり、必ず確認してみましょう。

スポンサード リンク


人気記事


スポンサード リンク


ページの先頭へ