ブログ > カテゴリーアーカイブ 'レーシック難民'

レーシック 難民

「レーシック 難民」
視力が悪いから、なんかいい方法ないかなぁと思い調べていたら、レーシックで怖いことが起こるというのを知りました。様々な後遺症で悩んだり、働けなくなったりしている人々がいるという事実。そんな人々をレーシック難民というようです。ちなみになぜ難民なのかというと。レーシックの手術後、眼、体に問題、症状が起こっているのに、適切な治療を受けられないでそのままにせざるを得ない人たちという意味ということです。

そんな人の後遺症の様々をあげてみました。
不正乱視、過矯正、欝、自殺、脳圧上昇、照射ズレ、偏心照射、充血、眼精疲労、 ドライアイ、色覚異常、不同視、視力再低下、角膜混濁、見え方の質の低下、コントラスト低下、角膜感染、夜間視力低下、明所でのまぶしさ、 中近方の見えづらさ、複視、日中の視力変動、球結膜下出血、飛蚊症、毛様充血、 表層角膜炎、層間角膜炎、激しい目の痛み(表面、奥)、充血(出血)、疲れ目、斜視、眼瞼下垂、慢性頭痛、眩暈、吐き気、斜頸、全身倦怠感、不眠症状、欝症状、自殺願望など。ざっとみてこんな感じです。

簡単にレーシック手術を考えてみたものの、きちんと考えてみないといけませんね。


【視力回復】自宅で出来る今野式近視改善エクササイズDVD

スポンサード リンク


人気記事


スポンサード リンク


ページの先頭へ