ブログ > カテゴリーアーカイブ 'レーシック手術'

レーシック 手術

角膜屈折矯正手術という手術の一種で、目の角膜を切開し、それをめくってレーザーを照射し屈折率を調節することで、視力の回復を図る手術方法です。禁止や乱視の矯正とともに、遠視矯正のレーシックも行われるようになってきているのが、現状です。

ただ視力や角膜の状態などにより、すべての人がレーシックの適応となるわけではありません。角膜の厚さが足りない人や、他の合併症があるなどの理由から、手術を受けられないこともあります。また、近視が進行する10代のうちは、手術を受けることができません。

手術自体はほぼ20分程度で終了するといわれ、手術当日は保護用のメガネをかけて病院で過ごします。お風呂や洗顔なども避けなければなりません。ただ翌日からはほぼ、日常どおりの生活を送ることができます。目の定着率をあげるため激しい運動や水泳は1カ月は避けることが望ましいです。
術後の視力は、人によりますがおよそ1.2~1.5くらいまで回復するといわれています。また事故がないとはいえず、事前にどの程度視力が回復する見込みがあるのか、合併症としてはどのようなものが起こる可能性があるのか、視力の回復に満足できない場合や、合併症が起きた場合の対処などを確認し、納得して施術を受けることが大切です。

スポンサード リンク


人気記事


スポンサード リンク


ページの先頭へ